teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Ryuichi Sakamoto: CODA

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年11月16日(木)22時33分45秒
  2017年スティーブン・ノムラ・シブル監督。教授と同時代を生きられる有難味を噛み締める。人生の残り時間を意識する表情はそう暗くない。いつもの淡々とした感じ。3.11被災者が集った学校の体育館でトリオ編成で演奏された戦メリを聞き、ワケが分からない感情になり涙が出た。津波で水没したピアノが発する調律が狂った音の自然さを愛する教授。調律された音は不自然極まりないと、強烈な嫌悪感を示す。津波ピアノの音や北極圏で採取した透明すぎる流水の音などを使い、レコーディングする様子は、モニタを見つめながらキーボードを叩くという不自然極まりない方法で、それは皮肉なのか何なのか。  
 

シン・ゴジラ

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年11月16日(木)22時25分26秒
  2016年庵野秀明総監督、樋口真嗣監督・特技監督。人間では制御できないエネルギーで形成された未知の存在。ようやく凍結に成功したが、存在が消えたわけではなく、ここからがスタートと言える、気の遠くなるような未来。3.11で引き起こされた現実世界。NHKで最近、パリ協定の番組をよくやっている。人間は忘れる動物なのか学ぶ動物なのか。  

海よりもまだ深く

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 9月 9日(土)10時46分3秒
  2016年是枝裕和監督。阿部寛と是枝裕和のコンビに外れ無し。是枝監督の他の作品と同様、時折、息苦しくなるが、観終わった後は、不思議と気分は悪くない。誰でも持ってる人間の弱さを、綺麗なお皿に盛りつけて出してくれる。クズ人間の一面は誰にもある。  

ゴースト・イン・ザ・シェル

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 9月 9日(土)10時38分12秒
  2017年ルパート・サンダース監督。ストーリーに全く追いついていけない。でもそれで構わない。映画とはこういうもの。 スカーレット・ヨハンソンとビートたけしのやり取りを観るだけで面白い。最初のほうのシーンに、弾丸ジャッキーのオラキオそっくりの人が出ていて、本人だろと思った。  

3月のライオン

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 9月 9日(土)10時31分28秒
  2017年大友啓史監督。神木隆之介は上手い。30年後も活躍してる姿が想像できる。有村架純はエロ悪い。加瀬亮と高橋一生が両方出てる時点で間違いない。岩松了はちょっとのシーンでも印象に残りまくる顔をしてる。あの何とも言えない笑顔。  

サバイバルファミリー

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 9月 9日(土)10時21分57秒
  2017年矢口史靖監督。小日向文世と深津絵里の夫婦がまず良い。この2人で連続ドラマをやってほしい。現実感の無いストーリーだが、ついつい引き込まれ、最後にはなぜか感動してる。鑑賞後、本当に必要なものと必要でないものについて少し考える時間が訪れる。  

アルゴ

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 8月31日(木)20時30分33秒
  2012年ベン・アフレック主演・監督。人質奪還作戦を行うアメリカ・CIA側からは、暴動を起こすイランの民衆は言葉も通じなければ、考え方も理解できない野蛮人のような存在。映画の中では描かれることのない彼ら一人一人の生活に思いをはせてみる。行動には理由がある。どんな人間にも欠落している部分はある。本質はいつも掴み切れない。  

ウルフ・オブ・ウォールストリート

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 8月28日(月)12時39分30秒
  2013年マーティン・スコセッシ監督。デカプリオとスコセッシ監督のコンビ。いつか観ようと思いながら、3~4年。ようやく。ここまで人を狂わせる金とは何なのか。この歳になってもよく分からない。どんなクズでも、やり方さえ考えれば、億万長者に成り上がれる気持ち良いストーリーも見せてくれる。しかし、3時間はちと長かった。  

ブロークバック・マウンテン

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 8月13日(日)22時12分13秒
  2005年アン・リー監督。ヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールが2人で見た青空の下では、ピックアップトラックのエンジン音でさえも小鳥の囀りのように。人が踏み行うべき道からは外れてしまった2人の物語。お互いを思い過ぎた沈黙した恋人よ。  

紙の月

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 8月12日(土)21時20分4秒
  2014年吉田大八監督。原田知世と満島真之介によるNHKドラマ版が本当に素晴らしかったので、どうなのかと半信半疑だったが、話が進むにつれ、宮沢りえの凄味が滲み出てきて納得せざるを得ない。表情だけでなく、全身から女の怖さが立ち上ってくる。宮沢りえの中学時代を演じる平祐奈の絶対的な美少女感に震える。瞬間を切り取った刹那。
 

レンタル掲示板
/56