teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


君の名は。

 投稿者:bestoic  投稿日:2018年 1月 4日(木)20時40分1秒
  2016年新海誠監督。確かに良く出来ている。神木隆之介は天才。この人はとにかく凄い。10年ほど前、「秒速5センチメートル」を観た時、どこか懐かしい宇宙と空の映像が胸に刺さった。こんな大ヒット作の監督になるとは。RADWIMPSが音楽を担当したのが合っていた。  
 

サウルの息子

 投稿者:bestoic  投稿日:2018年 1月 4日(木)20時31分9秒
  2016年ネメシュ・ラースロー監督。主人公の視点に同化する、息苦しい映像で始まる。希望の見える息苦しさは耐えられる。絶望しかない息苦しさを前に人は無になる。自分の目で見たアウシュビッツの空は青かった。  

生きる

 投稿者:bestoic  投稿日:2018年 1月 1日(月)23時43分53秒
編集済
  1952年黒澤明監督。美しく生きるとはどういうことか、年始に観たこの映画と年末の紅白歌合戦から、目の前に示された気がした。誰かが言っていた。人間誰しも、生まれた瞬間から、余命80年宣告。渡辺さんが、生きる意味を気づいた時に歌われていたハッピーバスデーのメロディが明るくて寂しくて最高だった。紅白歌合戦をこれほど真剣に観たのは久しぶりだった。渾身の曲のために、気力・体力的にリミッターを外し臨んだ結果、曲中に気絶してぶっ倒れるメンバーが出るという、そんなアイドルグループ聞いたことない。いくら紅白といっても、アイドルグループがそこまで全力でやる必要はないだろう、と言われるかもしれない。真剣に自分と向き合うことはとても美し生き方だと思った。国民的歌番組で、意識を失い口を半開きにしながら、後ろに卒倒する鈴本を懸命に抱える渡辺の様子をとらえたスポーツ紙の写真は、残酷だけれども美しすぎた。生きる意味に気づいて、自分と向き合えば、行動が変わってくる。毎日、何を食べるか、どんなスニーカーを履くか、色々な選択を行う自由がある。  

コンタクト

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年12月30日(土)10時23分32秒
  1997年ロバート・ゼメキス監督。科学と神の存在、信じることと願うこと、希望と宗教、ジョディ・フォスターと色気、なぜか北海道…いろいろ考える。だからSFものは面白い。
 

しあわせの隠れ場所

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年11月28日(火)19時50分20秒
  2010年ジョン・リー・ハンコック監督。邦題の意味不明さが若干気になるが、フットボールと貧困、人種差別がテーマでついつい観てしまう。 サンドラ・ブロック演じる母ちゃんがいる家族は幸せだろう。  

Ryuichi Sakamoto: CODA

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年11月16日(木)22時33分45秒
  2017年スティーブン・ノムラ・シブル監督。教授と同時代を生きられる有難味を噛み締める。人生の残り時間を意識する表情はそう暗くない。いつもの淡々とした感じ。3.11被災者が集った学校の体育館でトリオ編成で演奏された戦メリを聞き、ワケが分からない感情になり涙が出た。津波で水没したピアノが発する調律が狂った音の自然さを愛する教授。調律された音は不自然極まりないと、強烈な嫌悪感を示す。津波ピアノの音や北極圏で採取した透明すぎる流水の音などを使い、レコーディングする様子は、モニタを見つめながらキーボードを叩くという不自然極まりない方法で、それは皮肉なのか何なのか。  

シン・ゴジラ

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年11月16日(木)22時25分26秒
  2016年庵野秀明総監督、樋口真嗣監督・特技監督。人間では制御できないエネルギーで形成された未知の存在。ようやく凍結に成功したが、存在が消えたわけではなく、ここからがスタートと言える、気の遠くなるような未来。3.11で引き起こされた現実世界。NHKで最近、パリ協定の番組をよくやっている。人間は忘れる動物なのか学ぶ動物なのか。  

海よりもまだ深く

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 9月 9日(土)10時46分3秒
  2016年是枝裕和監督。阿部寛と是枝裕和のコンビに外れ無し。是枝監督の他の作品と同様、時折、息苦しくなるが、観終わった後は、不思議と気分は悪くない。誰でも持ってる人間の弱さを、綺麗なお皿に盛りつけて出してくれる。クズ人間の一面は誰にもある。  

ゴースト・イン・ザ・シェル

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 9月 9日(土)10時38分12秒
  2017年ルパート・サンダース監督。ストーリーに全く追いついていけない。でもそれで構わない。映画とはこういうもの。 スカーレット・ヨハンソンとビートたけしのやり取りを観るだけで面白い。最初のほうのシーンに、弾丸ジャッキーのオラキオそっくりの人が出ていて、本人だろと思った。  

3月のライオン

 投稿者:bestoic  投稿日:2017年 9月 9日(土)10時31分28秒
  2017年大友啓史監督。神木隆之介は上手い。30年後も活躍してる姿が想像できる。有村架純はエロ悪い。加瀬亮と高橋一生が両方出てる時点で間違いない。岩松了はちょっとのシーンでも印象に残りまくる顔をしてる。あの何とも言えない笑顔。  

レンタル掲示板
/57