teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


やっと、スイス

 投稿者:setsusan  投稿日:2010年 9月29日(水)20時22分45秒
  のホームページが出来ました。700枚もの中から、少し選んでみました。お天気に恵まれ、友人にめぐまれ、おはなにめぐまれ、たのしいスイス、オートルートの旅行の15日間でした。2-3年後にジナール~ツェルマットまで、さらに先にいってみたいです、

飛行機は、往復8万円、(カタール)山小屋は、2食付き70フランくらいホテルは、夕食なしで、100フラン位でした。すべての山小屋は、メールで予約がとれます。
 
 

八ヶ岳

 投稿者:setsusan  投稿日:2010年 1月28日(木)08時52分1秒
  日本でないような景色をみせてもらいました。
木曽駒が中止になり、降って湧いた、八ヶ岳、行者小屋でテントのよていでしたが、わたしは荷物ー15キロがもてそうになく、美濃戸で、宿をとりました。後、2時間、速いピッチで歩ける自信が全くありませんでした。

荷物がなければ、いけそうなので、その日は、宿の前で、12本づめのアイゼンの歩き方を練習、、、静岡から、アイスクライミングに来ている4人組のかたがいろいろおしえてくださいました。

朝6時に、北沢をとおって、ほぼ空身で赤岳鉱泉にむかいます。硫黄をみながら、2時間でつきました。テントは、20張り以上あります、トイレを借りて(アイゼンのままOK)行者小屋に向かいますが、以前いった中山展望台がきれいそうなので、いってみました。

真っ青い空に阿弥陀が、まっ白い氷の木々にくるまれて、神々しい程です、御嶽や、きそこまもみえます、降りたら、のこっていたいわ00さんにうまく会えて、又のぼり、思い切り展望をたのしみました。

のこりの3人は、地蔵から、赤岳、阿弥陀にいったそうです、1時まで、時間があるので、降りてきた人に聞いて、文三郎尾根コースを一時間だけいってみることにしました。結構急で、足のももが、痙攣し掛けましたが、硫黄から、横岳、赤岳、大同心,etc、、真っ青い空のもと、日本の景色とは、思えない素晴らしい景色でした。ここまでは、ピッケルがなくてもいけるかも、、樹林帯がきれたところでかえってきました。いってみてよかったです、

テントでまったりしてると、setsuさんただいまときこえました。幻聴かとおもいました。よねこさんたちが、もう12:30にはもどってきたのです、はじめてのしもこさんをつれて、ひよ0ちゃんといってきたようです、びっくり、、

五人で、テントを撤収し、南沢を戻ってきました、南沢も冬は、展望がよく、素晴らしいコースで、何度もひよ〇チャンはうしろを振り向いて、写真をとってます。カモシカの親子にもあえました。

旅館を使えば、こんな素晴らしい展望も体力がなくてもリーダーさんがしっかりしていれば、たのしめるのですね、、日曜日にのぼるのをあきらめなくてよかったです、よねこさんは、私に、だめ、といわなかったけど、反省します、体力なさすぎです、一緒に行けたら一番よかったはずです。皆様おせわになりました。

PS;帰りに寄った樅の木温泉もいいお湯でした。暖まります、5時以降は、300円でした。諸事情で、30分ほど、おくれましたので、わりびきになりました。(笑い)、脇道にはいってしまい、凍る路をきてくれた迎えの車を見失い、おくれたのです、
すれ違ってしまいました。反省、、、
 

石鎚山

 投稿者:setsusan  投稿日:2009年10月28日(水)21時20分23秒
  さちさんも読んで頂いてありがとう、、穂高はほんま感動でした。。北穂南陵ならいけそうです、もいちどいきたいです、

ごっちんと行くはずだった、石鎚にもいってきました。。


石鎚山は、やっぱ百名山でした。ときどきのぞく青空の時、周りが見渡せましたが、とてもいい山です、

展望もいいし、紅葉もまっさかりでした。試しぐさり、74m(一番急です、)1の鎖33m(これはなんとかいけた)
二の鎖、65m、最後3の鎖68m(このまんなかへんがむずかった、)
、と、よねちゃんや、ひ0こちゃんにおしえてもらいながらなんとかいけました。
天狗も強風の中、何とか登れ達成感がありました。このときもほんのわずか晴れました。四国中の登山愛好家が全部来たかのように大にぎわいで、鎖も渋滞でしたが、、、白装束の方もたくさんでした。白足袋のひとも数名いました。黒足袋は、勇気あるしもっ0ひとりだけでした。

鎖のわっかに革靴がはいりきれなくて、苦労し、しもっ0がうらやましかったです、柔らかい靴にすべきでした。

よかったこと
*ふれあいの里、、素晴らしい施設です、、台所、こたつ、お風呂、シャワー、冷蔵庫、布団、10人くらいねられて、キャビン一棟6800円です、

*モツ鍋、、とってもおいしかったです、、ハチノス、その他3種類と、キャベツ、もやし、揚げ、にら、まいたけ、中華そば、もつなべのだし、ふつうのだし、、水はあまりいれないのだそうです、、おじやもしました。おいしい梅酒もいただきました。

*ベーグル、サーモンと炒り卵や、レタスハムや、焼きりんご、クリームチーズ、をはさんで朝頂きました。おいしかったです、初めてたべるものばかり、

*ときどき晴れたこと、なぜか、天気予報に反して、少し霧がかかって初め何も見えなかったのですが、昼コロよりときどき、晴れてくれました。となりの瓶ヶ森のやまもすてきにみえました。ここにもいきたいですね、、9合目まで車ではいれるとか

*讃岐うどんーーセルフのうどんやですきなものをのせられます、津田なんとかのSAにあります、いわ00さんの記憶は、正確でした。

*鎖を5人全員全部登れたこと、巻道は、かえりにつかいました。
*温泉がよかった、ロープウェイの入り口のお風呂は、白い、いいお湯でした。美人になるそうです!!!!500円

反省点(笑い)車まっすぐいきすぎた、、、何回も道をまちがえました。(爆)
 

お疲れさま

 投稿者:sachi  投稿日:2009年10月 1日(木)20時36分26秒
  去年のこと思い出しました。同じ時期だけど今年は紅葉が早いとか。さぞや美しかったことでしょう。あのとき眺めたところについに登ってきた訳ですね。連休の間に、田部井さんが立山からジャンダルムまで縦走した番組がありました。そのときの北アルプスは空中撮影も交えて、何とも言えない景色の連続でしたが、もちろん厳しさもあるわけで(同行はNHKのアナウンサー)わたしはやっぱり眺めている方がいいかも。時にはのんびりと歩ける山にも行きましょうね  

穂高

 投稿者:setsusanメール  投稿日:2009年 9月25日(金)23時32分55秒
  ハイキングクラブのツアーで、4泊で、奥穂、北穂に連れて行って頂きました。無事に戻れてほっとして、放心状態です、

いけるのかとまよいつつでしたので、色々アドバイスしてくださったかた、本当にありがとうございました。アドバイスをまとめると、
1,荷物は、小さく、軽く、
2,心配せず、、おちついて、浮き石をさけて、
3,技術よりも、体力勝負、、ということでした。

お陰様で、何とか、天候にもめぐまれ、はじめての北アルプス全景をみてまいりました。
http://mixi.jp/view_album.pl?id=38336381&owner_id=233543&mode=photo

1日目ーー7:40京都発、迂回して、御在所を通って、名古屋まわり、中部縦貫道で、平湯いり、バスをのりかえ、上高地より、横尾泊、綺麗に立て替えられて、お風呂もありました。テントの数もすごいです。100近くはあります、夜、リーダーさんが、食事療法で、胃ガンと肝臓ガンを克服した話しをしてくださり、びっくり、有機栽培の野菜ジュースと、青森の小さいりんごと、お水がいいらしいです、奥さまの努力に頭が下がりますね、、夜夕食後の仕事もやめられたそうです、

2日目、7時横尾発、涸沢ヒュッテでおひる、、クロワッサンがおひるです、おでんもたべました。紅葉もはじまり、前穂、奥穂、北穂、涸沢岳がまっさおな快晴のなかみえます、わくわくです、

涸沢小屋経由で、ザイデングラードへいきます、降りてくる人もいて、そうむずかしくはないのですが、すれ違いに時間がかかります、山莊がみえてから、最後100メートルくらいが気持ち的にしんどかった、、、

石を引き詰めた山莊のテラスでほっとしました。混んでいて、500人はこえていたようです。。食事は、6ー7回くらいのローテーションでした。私でも、結構デリケートなので??となりの人のいびきで寝られなくて、談話室に毛布をもっていてねました。テントは、20張りくらいかな、、風がつよいようでした。

3日目、6;30すでに、奥穂は渋滞です、5時から登った人たちが降りてきて、すれ違いできないので、梯子で渋滞、、
8時に、奥穂の頂上につきました。前穂はあきらめて、奥穂で、思う存分北アルプスを絶景をたのしみました。少し吊り尾根のほうへ歩いて、ヘリの赤いしっぽもみました。ジャンダルムへ挑戦する人もたくさんですが、往生しているひともいたようです、経験者は、馬の背がこわかったといってました。

槍の姿がすばらしく、他の山々へも行ってみたくなりました。北アルプスって、なんとひろく、なんとたくさん山がアルのでしょう、来年は、笠にいけるようです、前穂もリベンジしてくださるとのこと、

飛騨名物ほうば寿司のおひるをもって、涸沢岳に向かいます、すでに渋滞がみえます、この下り、鎖場があり、怖いときいていたのですが、実は、こんなところがいっぱいあったのです、次から次とでてきます、また、反対から来る人とすれ違う場所がありません、山岳会らしい団体(7ー8名)がおおく、もたもたしていると、そこに足かけて、、とかすわってまちながら、教えてくださいます、ホールドがみえなくて、膝をうったりもしました。
やっと、北穂山荘につくころには、霧があがってきて、なにもみえなくなってしまいました。。ざんねん、、、大キレットを越えてくる人も結構いました。。。
北穂山荘はとってもすてきな木のおへやです、、また来たいです、、でも、またいびきがひどくて食堂にねました。そこで、ダウンジャケットを置き忘れてきてしまいました。。(ショック)
テラスからは何も見えませんでした。またリベンジします、

4日目、珈琲をいただいてから、小雨のなか、北穂南陵を慎重にくだります、鎖場が、4-5カ所、、結構急です、デモ、下が予想できるので、あまりこわくはありませんでした。夏のお花の時期には、さぞかし綺麗だろうとおもわれます、ナナカマドの紅葉は、ことしは、もうひとつのようです、
雨がつづくので、パノラマコースはやめて、横尾にくだりました。徳沢園でりんごをたべ、徳沢ロッジに2:30着、お風呂に入り髪を4日ぶりにあらいます、ビールで祝杯をあげ、快適な睡眠でした。一人、1畳、
5日目、徳沢を7時にでて、明神池をめぐり、平湯で9時半から、温泉に入り、(以前ジャンさんに連れてきてもらってままみさんだけのこった温泉)牛丼をたべ、産直市でおみやげ(しいたけ、など)をかい、11:45平湯発、渋滞にかからず、4時に京都につきました。ラッキーでした。
 

(無題)

 投稿者:setsusanメール  投稿日:2009年 5月 5日(火)17時48分25秒
  素敵な草原で、テント泊してきました。本当に素敵な草地、、鹿さんと共存です、テントは、20張りくらい、、桧塚奥峰も素敵でしたし、東大台の稜線もずっとブナ林ですてきです、はじめての木の実塚も散策しました。写真ものせますね  

八ヶ岳

 投稿者:setsusan  投稿日:2009年 1月17日(土)22時04分45秒
  1日目、茅野の渋温泉より、クロユリ莊まで行く予定でしたが、不調者がでて、途中で、全員渋温泉に戻り、渋御殿にとまりました。おもいがけずあつくて、いおうのにおいのする良い温泉です、、、

2日目、7;15発、クロユリ莊に向けて、深いゆきのなかあるきます、、10:40着、素晴らしい景色です、真っ青な空に、真っ白の樹氷、、感動です、、、風が強いので、天狗岳は、中止です、他の方達も断念してもどってこられます、この景色で十分満足です、

中山峠~、急さかをおり、本沢温泉までまたのぼります、2:00着、

本沢温泉は、日本一高いところの温泉だそうです。が寒すぎです、食事もサービスもです、、お兄ちゃん二人だけで、つんけんしてます、経営方針かな???

翌日は、8時発、みどり池、しらびそ山荘着、9:15、すてきなところです、なつかあきにまたきたいところです。なつここにとまり、硫黄にのぼりたいです、

イナゴ湯着、10;45素晴らしい温泉です、いたれりつくせり、、心がこもってます、トイレにもストーブがあります

シャンプーとドライヤーはないけど温泉は、最高です、
おいしいお昼もいただいてゆっくりしました。女将さん達が、雪の降りしきるなか、バスをみおくりにでてくれました。

冬山でまなんだこと
1,とにかく寒い、、足が凍傷になりそう、、靴下を途中から、ウール2枚にしたやっとおちつきました。手袋もしかり、、ぎりぎりセーフでした。。冬用の靴は、保温剤が入っているそうで、5万円だそうです、新調したひともいました。

2,ネックウォーマーは、必需品、のど飴、アルコール類も、

3,帽子は、ひもがいる、、カイロもたくさんいる、

4,行程は、余裕を持って、、今回は、2日で行けるところを3日にしていたので、変更ができました。

不調者をみていて、わたしもこんな風に同行者に迷惑を掛けた、涸沢をおもいだしました。速乾性の服のこととかなにもわかっていませんでした。自分の体力も、、はずかしいです
リーダーさんは、心の広い方で全員(男10,女12)を同じルートつれていってくれました。
 

初登山

 投稿者:setsusan  投稿日:2009年 1月 8日(木)23時35分30秒
  ハイキング程度ですが、山コミュの皆さん、14名(男性6,女性8)で、初登山、いってきました。ドタキャンも遅刻もなく、ストレッチもして、鈴鹿や、和歌山、京都からもきていただいて、鯛チャン制作の名札をつけ、優等生揃いの出発でした。

アブラこぶしまでの坂は、結構急でしたが、若い方は、よゆうのようでより急な坂にトライされました。見晴らしの良い休憩所で、ホット一休み、、和歌山のほうまで見えそうな、良い天気でした。

三角点は、何の標識もなく、拍子抜けでした。全員で記念撮影、、

稜線にでて、保累岩もたのしんでいただけました。道に雪がすこしあります、

記念碑台でゆっくり豚汁をして、おいしい、ラムのかおりのチャイをいただき、又記念撮影してシュラインロードにむかいます、ちょっとのンビリしすぎたかな、、自己紹介もしましたね、、初めての方も2名おられました。もっくんのおおきなおなべは、うらやましいです、、

シュラインロードは皆さんあまり、仏像に関心がないのか、下から拝んで、終わりが多かったです、、(笑い)秋にも又きたい、雪のあるときに又きたいコースでは、ありますが、、、やぶこぎもして、ちょっとこけましたね、、、


色々無駄事をしていたら、時間がどんどんたち、有馬にいけなくなってしまいました。。。(深く反省ーー時間をみてませんでした。2時間で降りるところ、2時間半以上かかり、yumiさんにいわれて、あわてて唐櫃の湯に変更、、それもぎりぎりでした。45分ロスしてました。)有馬には、お二人いかれました。

近い方の唐櫃の湯も結構混んでました。頂いてきた割引券は、正月で使えず、10人割引というのをかいました。5500円、尚加さんが会計をてつだってくれてたすかりました。ここで、温泉にのこるおふたりとわかれました。

湊川の中華で、2次会、別に6人集まってくださり、16名で、会長、kumaサンを囲んで、新年会です、、とってもお元気そうで、松葉杖もとってもおじょうずに、つかわれます、おいしい中華で、やすかったです、yumiさんありがとう、

最後に!!自己紹介と、記念撮影して、解散、、地元のカラオケで、3次会もあったようです、、、山コミュ、4年目にそろそろなるのかな、色々楽しい思い出ばかりで、感謝です、このイベントもたくさんの方に協力(お水、ガス、鍋、お玉、器、ネギ、お茶類、会計、2次会,コース先頭、名札、記録、写真、などなど)頂いて、何とか無事におわり、ほっとしました。。ありがとうございました。


雨が東山橋で、ひとつぶだけ降ったことも姐さんの面目にかけて、付け加えておきます、(笑い)

また、六甲に3月のはじめの日曜日ころいきたいとおもいます
 

大山

 投稿者:setsusan  投稿日:2008年11月 8日(土)00時42分54秒
  蒜山二行った後、大山にいきました。大山にあんなにブナがおおいなんて思いませんでした。登り口すぐから、いきなり、ブナの大木です、しかも、黄葉まっさかり。ここは、中国地方でいちばんのブナ林なのだそうです。いろんな色合いの黄色、緑、透明なうすみどり、赤、

登りは、階段がたかくきつかったですが、ブナにいやされました。
三合目、四合目、のぼるごとに視界がひらけます、眼下は、黄葉の樹林帯が、一面にひろがっています、すぐそばにきれいな弧をえがいた海もみえます、右側には、大きな河原がひろがっています、牧場もあちこちにみえます、


六合目までが勝負でした。それからは、頂上らしきものがみえてくるので、かずをかぞえながらがんばれます、帰りのために余力をのこさねばならないし、今回は、筋肉の痙攣を防ぐ薬を飲まずにすませたいので、マイペースでゆっくり目にいっていただきました。四〇年前にこの山の会をつくったかたもごいっしょでした。ほとんどの健脚組は、弥山でなく、危険ななところのある、三鈷峰というところに行き、こっちは、七名だけでした。一般登山のひとは、ほとんどこっちで、老若男女ふくめ200人位もはやくから下山してきました。

頂上につくと又景色がかわります、大山のあらあらしい、けわしい崖や、崩れた谷がみえます、東の方の奥深い樹林帯は、人のはいった気配はありません、稜線の縦走は禁止されていました。
 

(無題)

 投稿者:setsusan  投稿日:2008年10月 5日(日)00時46分25秒
  かきこみありがとうございます、わたしもときどへんなのにやられました。すぐけすようにしています。荒らされたところを偶然みましたので、そうかな、とおもっておりました。

オーストラリアは、ほんまに広かったです、鉄をつかうおしごとなのですか、大変ですね、、銀の鉱山をヘルメットかぶって見学しました。原始的にほってたようです、、レンターカーを英語の先生に運転していただけラッキーでした。でも、若い内に行った方がいいところかもデス(体力いります)、、、、来週は、奥駆けにいってきます、1泊の処を2泊のようです、、、Mサンは、ゆっくりなので、たすかります、、シュラフもって避難こやにとまるようです、
 

レンタル掲示板
/26